組合概要理事長挨拶事業内容組合員一覧かまぼこにまつわる話イベント情報お問い合わせ



かまぼこの元祖は“ちくわ”

 かまぼこの歴史は大変古く、文献に初めて登場するのは平安時代、当時の関白右大臣の祝儀に出されたとあります。
 その頃の『かまぼこ』は、すりつぶした魚肉を竹の管に塗り付けて焼いたもので、その形が蒲の穂に似ていることから『蒲穂子』とも呼ばれるようになったといわれています。
 これは今で言う『ちくわ』のことで、切り口が竹の輪に似ていることから、時代を経ていつしか『ちくわ(竹輪)』と名付けられたのです。
 また『板付きかまぼこ』は室町時代には作られていたようですが、年を経るにしたがって板付きのものが今日の『かまぼこ』として定着、また大阪では、大正から昭和の初期にかけて、ところによっては『かまぼこ』のことを『板』に付いているので『いた』とも呼ばれた時期がありました。

11月15日はかまぼこの記念日

 全国蒲鉾水産加工業協同組合連合会が11月15日をかまぼこの日としたものですが、理由は2つあります。
 まず、ひとつが、昔から11月15日の七五三のお祝い料理には紅白のかまぼこを用意して子供の無事成長したことを祝ったことからです。もうひとつが、かまぼこが文献に初めて登場した年号からです。
 類聚雑要抄という古式の正膳料理について記述された書物に、「西暦1115年(永久3年)に関白右大臣藤原忠実が東三条殿 に移転のとき」の祝宴の膳の料理献立の中に「かまぼこ」の名前があります。